奥田英朗「どちらともいえません」

人気作家奥田英朗のスポーツエッセイ集です。

読んだのは前回のサッカーW杯の前、スポーツ読み物で何か面白いものはないかと探していたころです。

著者はかなりのスポーツ観戦好きで、野球場めぐりのエッセイも出しています。

照れ屋でへそ曲がりな視点での語り口が面白い。というよりもとても共感できます。

たとえば選手の引退セレモニーはいらない、種目によってヒエラルキーはあるなど、思わずひざを打ってしまうことばかりでした。

これをきっかけにこの作家に興味をもち、何冊か本業の小説も呼んでみました。そのうちにその感想も。

 

 

どちらとも言えません (文春文庫)

どちらとも言えません (文春文庫)