「ロートレック荘事件」筒井康隆

小説はあまり読まない、ようなことを書いたのに、また読んだ小説を。

 

森の中の別荘で起きた殺人事件が題材で、叙述トリックという手法を使っている。

 

この本を読むきっかけが、叙述トリックなる手法があることを知ったことだったから、読み始めてからなんとなく、タネはわかってしまった。

それでも読んでいて、気持ち悪さをかんじてしまったのだから、何も知らなかったら、最後の種明かしには相当驚いていた。この本は何の前知識なしに読むのが正しいです