「ロートレック荘事件」筒井康隆

小説はあまり読まない、ようなことを書いたのに、また読んだ小説を。

 

森の中の別荘で起きた殺人事件が題材で、叙述トリックという手法を使っている。

 

この本を読むきっかけが、叙述トリックなる手法があることを知ったことだったから、読み始めてからなんとなく、タネはわかってしまった。

それでも読んでいて、気持ち悪さをかんじてしまったのだから、何も知らなかったら、最後の種明かしには相当驚いていた。この本は何の前知識なしに読むのが正しいです

「転落の街」マイケル・コナリー

朝の通勤電車や、仕事の休憩中に小説を読んでいる人をよく見かけますが、わたしはこれができません。物語を読むとその世界に入り込んでしまうし、勤務中だと仕事のことが気になって落ち着いて読んだ気になれません。出勤する日に小説を読んでいたのは通勤に1時間以上かかっていたころだけ。そんなわけで、小説を読むのは夏休みや年末年始など長期の休みの間だけ。

 

昨年の夏はロバート・パーカーを読みましたが、今年はマイケル・コナリーの「転落の街」2016年刊のハリー・ボッシュシリーズです。

未解決だった強姦事件の容疑者として名前があがったのはなんと8歳の少年。高級ホテルの転落死事件と並行してボッシュが捜査を進めます。

 

コナリー作品は始めて。この人は2つの事件を同時進行で進めるのが持ち味のようで、他の作品でも似たような構成があるらしい。

 

丹念に捜査を進めていくあたりは、ハードボイルドというより、本格ミステリのおもむき。

 

[http://:title]

 

 

glo壊れた

昨年から愛用していたgloが故障

f:id:toshimat12:20180310220233j:plain

 

つい奥まで差し込んでしまう癖があって、一度、取り出すときに中に半分くらい残ってしまうことがあった。それ以来燃やせる部分が減っていって最近は半分くらいしか吸えない。

人生のお金の話

そういえば、このブログをはじめたときに書こうとしていたのは

セミリタイアとかお金にまつわる話だった。

 

たいして忙しいわけではなかったがすっかり忘れていたのでここから少しずつ書いてみたい

独身で一生暮らすにはいったいいくらかかるのか?

月あたり20万あればまあ暮らせるとして年間240万、ちょっと余裕見て250万とする。

学歴は大卒、就職時は22歳として寿命は80歳(男性を想定)までの58年間に必要なのは

単純計算で250万×58=1億4500万

大卒の生涯賃金は2億8000万というデータがある

style.nikkei.com

これを元にいろいろと数字をこねくり回してみます(笑)

 

 

 

 

 

「田舎でロックンロール」 「向田理髪店」 奥田英朗 

 奥田英朗の小説「向田理髪点」の登場人物、向田康彦は53歳、10代のころは英米のポップスと映画が大好きで、将来は映画監督やミュージシャンは無理だとしても文化に隣接した仕事につきたいと思っていた。結局夢破れて、家業の床屋を継ぐことになる。おそらくこの設定は若き日の奥田英朗そのものではないか。そんなことがわかるのが「田舎でロックンロール」で、こちらは作者自身の洋楽体験記。1970年代に10代を過ごした音楽体験がつづられている。

 

おそらく60年代のビートルズ以降、似たような青春時代を過ごしたひとはたくさんいるだろう。地方在住で情報がない、当然都会に憧れ、進学や就職で上京する。

そして「映画監督やミュージシャンは無理だとしても文化に隣接した仕事」とはおおむねマスコミ関係だろうが、そこは大変な人気企業でそう簡単に入れない。結局夢破れて普通の人として過ごしていく。

何を隠そう私もまた似たような10代、とその後の人生歩んだ一人である。ただし時代はほぼ10年後の80年代。

これを読んで「私家版田舎でロックンロール」を書きたくなってきた。

 

 

向田理髪店

向田理髪店

 

 

 

 

意外に活躍 TV録画用ハードディスク

昨年来、家電を少し買い換えた。

電子レンジ、炊飯器、コタツなどなど。

炊飯器・・最初は自炊するぞと意気込んではみたが、やはり男の一人暮らしでは出番がない

電子レンジ・・買ったものを温めるのには使うが、それだけ。いろいろ機能があるらし

 いが、まったく知らない。

コタツ・・今の部屋は狭く、エアコンだけで十分

ということで、一番使っているのは

 

 

BUFFALO ドライブステーション 外付けハードディスク 1.0TB HD-LB1.0TU2

BUFFALO ドライブステーション 外付けハードディスク 1.0TB HD-LB1.0TU2

 

 

TV録画用に買った外付けハードディスク

今のテレビを買ったとき、録画機能があるとはまったく知らず(笑)、前のに比べて割高だなと思っていた。

それでBluerayレコーダなんかも検討してみたが、そんなにテレビ見ないし、とりあえずこんなもんでいいだろうと購入。

これが意外に活躍して、夜中のスポーツ番組やよくみる街歩き番組など中心に毎日のように使っている。録画してみるようになってから気づいたのは、CMや興味のないところを早送りしながら見るほうが生でみるよりも効率がいいこと。気になったところは何度も見直せるのもいい。

最近はニュースなんかもこの方法で見るようになった。

ただ、外付けHDDでは他の機器で再生できないのが難点。テレビを買い換えたら見ることはできない。

やはりブルーレイ買おうかな。